お知らせ | 南信州遠山郷「しらびそ高原」

南アルプスに手が届く、雲上の楽園 - 南信州遠山郷「しらびそ高原」
南アルプスに手が届く、雲上の楽園 - 南信州遠山郷「しらびそ高原」
文字サイズ 小 標準 大

世界が認めた大自然! 祝 南アルプスユネスコエコパーク登録
ホームお知らせハイランドしらびそ下栗観光他キャンプ・登山ハイクお食事処交通アクセス
ホーム > お知らせ
お知らせ

南アルプスでまたな!!

「南アルプス国定公園指定50周年記念事業」にともない、「ハイランドしらびそ」が特製マグ・カップ(しらびそ高原から南アルプス南部のパノラマ)を製作しました。数に制限がございます。お早めにどうぞ。今年は特に南アルプス、赤石岳、聖岳、光岳、等々本当に綺麗です。ぜひ遠山郷上村にお越し頂き、百名山を堪能してください。待ってま〜す。(6月6日(金)「ハイランドしらびそ」にて開山式を行います。)
カップ

しらびそ
 

おまっとうさん!!下栗キャベツで〜す

上村農産物直売所に、下栗の春キャベツが入荷しました。この下栗キャベツは標高おおよそ1.000mの高所、朝晩の寒暖差が激しい所で育ち、味は甘く、柔らかく、瑞々しい、当然無農薬、安心して頂けます。生産者の皆さんが愛情込め丹精込めた逸品です。皆さん是非ご賞味下さい。「まだ、数量が・・・・早い者勝ち?予約も受けて居るみたいです。」
キャベツ直売所
 

矢筈トンネル〜しらびそ高原方面への時間交通規制が解除されます

国道152号線大平高原付近の道路拡張工事に伴い、時間通行止めとなっていた区間の工事が完了いたしました。
明日5月28日(水)より完全解除となります。長い間ご迷惑をおかけいたしました。ご協力ありがとうございました。

 

上村出会いプロジェクト農コンパーティ(婚活)無事終了!!

遠山郷上村出会いプロジェクト実行委員会主催の婚活が、下栗の里、「ハイランドしらびそ」周辺で24(土)25(日)に好天の中行われました。キャベツの苗や、ヤナギラン(アカバナ科)の植樹等、高冷地の農業体験、ミニ登山、満天の星(☆5個?)を観ながらのバーベキューと楽しく行われ、 な・な・ナント!!一組カップイン?・・・スタッフ一同、次回開催に意欲的でした。
参加者、スタッフの皆さんご苦労様でした。
ヤナギランキャンプ
婚活 畑

見にこないか!!日本で唯一の隕石クレーター

御池山隕石クレーターは30年以上にわたって研究が進められ平成22年には国際学会誌「隕石と惑星の科学」に論文が掲載され、国際的な隕石クレーターとして公表されました。御池山隕石クレーターは直径900mで、直径約45mの小惑星(隕石のかたり)がおよそ2〜3万年前に御池山南東斜面に衝突したと推測されます。現在、御池山の尾根沿いを中心にクレーター地形の約40%が残っています。

クレーター2
御池山隕石クレーターを散策してみませんか?
would you like to take a walk around the oikeyama impact
 crater ?
 

しらびそ方面 道路通行止めのお知らせ(5/12〜5/30(夜間、土日除く))

平成26年5月12日〜5月30日の間(土日は通行可)、国道152号線から大鹿村、しらびそ高原方面に向かう道路が工事の為、次のとおり通行止めになります。お急ぎの方は、下栗の里方面から迂回していただきますようお願いいたします。

通行止め期間 平成26年5月12日〜30日 (土日通行可)
通行止め時間帯 午前8時30分〜午後12時、午後1時〜午後4時30分(早朝、夜間は通行可能です)
 

いつ行っても見られるという訳ではないが

人と自然が織りなす日本の風景百選は、愛・地球博のテーマ”自然の叡智”への体
感・考察していくことを目的とし愛・地球博パートナーシップ事業の民間企業観
境の第1号部門として2002年から、一般公募が行われました。
未来につながる知恵にあふれた遠山郷には”豊かな自然と歴史、笑顔あふれる人情”
が残っています。その魅力に惹かれて全国から多くの人々が訪れています。
この時期、雲海がキレイ!!(朝霧に包まれた下栗の里)
下栗 秋 
「とおやま丸君も待っています」
とおやま丸君

死ぬまでに一度は行きたい日本の絶景スポット下栗の里

G.W、もやっぱり・・・・大勢の皆さんに来て頂きました。ありがとうございました。
下栗の山
「はんば亭」横 花ももがキレイで〜す。(5/5)
花もも

下栗の里の景観を守る!

ゴールデンウィークの真っただ中の本日は天気にも恵まれ、しらびそ高原、下栗の里にも大勢の観光客が訪れていただいております。上村の魅力は何と言っても、大自然の景観、自然と人々が共存して暮らす昔ながらの古き良き風景かと思います。
下栗の里は、その景観から日本のチロルとも呼ばれていますが、その美しい景観の要素はずばり農業、畑です。畑が荒廃してしまっては、下栗の風景が失われてしまいます。そこで、ここ数年、畑を守る作業に自治会が中心となって取り組んでいます。
下栗ヨセ作業
下栗の畑は最大斜度38度といわれる斜めに広がる畑で、ほっておくと土がどんどん流出してしまいます。そこで、間伐材を畑の中に設置して、土の流出を防いでいます。下栗では「ヨセ」と呼んでいるこの作業は人手が少ないと大変ですので、地域外のボランティアにも協力いただきながら実施しています。下栗を訪れる際は、畑にも注目してみてください。

交通誘導員の講習会

今日、下栗の里、旧下栗分校体育館にて、警視庁OBのM氏による交通誘導員の
研修が行われました。下栗の里、「ハイランドしらびそ」への道路は、勾配は
きつく、幅も狭く避け合うのも困難、また時間帯による一方通行もあります。
誘導員の皆さん器具の使い方等、真剣に取り組んでいました。
また、駐車場での誘導、言葉使い等も講習を受けました。
研修

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

リンク

その他

お問い合わせ

しらびそ高原

モバイル

qrcode